ワインショップ、イーエックス[eX-WINE]は、カステッロ・ディ・アーマの「通信販売」と「情報発信」をするサイトです。

AM10時までのご注文・ご入金で即日発送いたします!

カートを見る
おすすめワイン特集

月例ワインセット

毎月第一水曜日更新!
ソムリエ厳選ワインセット

イーエックス厳選セット

イーエックスで大人気の
オリジナルワインセットが勢揃い!

スパークリング特集

とことん美味しさにこだわった
スパークリングワインが大集合!

デイリーワイン特集

毎日飲むから美味しくないと!
2,000円以下のワインを厳選

贅沢ワイン

贅沢なひとときを演出する
特別なワイン

一万円以下の特級

1万円以下で買える
特級ワインを厳選しました

シャンパーニュ特集

世界中で愛される、
世界で最も華やかな飲み物

ワインギフト

ご贈答にぴったりなワインを
イーエックスが厳選しました

ワイン生産者特集

情熱を持って美味しいワイン
を造る 生産者たち

ワインコラム

プロたちが集結した
イーエックスのワインコラム

ワインランキング
ワインランキング第1位
ワインランキング第2位
ワインランキング第3位
新しい芽 フィレンツェ 13

 

イーエックス・ワインのコラムを書き始めて早くも1年が経とうとしています。今月は一周年記念パーティーもありドキドキ、ハラハラの5月になりそうです。ヴィーニイタリーも終わり多くのワイナリーが新しいビンテージをリリースし、ぶどうの木も新しい芽を元気いっぱいに吹き出し初め、本当に新しい季節が着たんだと実感している春とは思えないほど暑いトスカーナより5月号です。


6月です。ベランダに2002年バージョンのバジリコもすっかり根付きました。これからじゃんじゃん成長していくことでしょう! 春に「今年の夏は4年ぶりのエルニーニョ現象」とニュースが流れていましたが、どうなることやら。4年前のフィレンツェは30分おきにシャワーを浴びていたような気が……。

【目次】

1.キャンティ・クラシコの土壌博士「カステッロ・ディ・アーマ」

2.ヒロ・サカテの「ミラノの街角から」

3.今月のトピック

  ・トスカーナ畑情報

  ・夏のフィレンツェ・オペラ情報

  ・キャンティ・クラシコエリアがますます旅行者に開放されます!

4.ソムリエ教会で勉強すること―お米編―

 


【1】.キャンティ・クラシコの土壌博士「カステッロ・ディ・アーマ」


■キャンティ・エリアをドライブ

さあ今月も新緑豊かなキャンティ・エリアをドライブしましょう。目的地はエリアのちょうど南に位置するラッダ・イン・キャンティ。今回はフィレンツェの南側から始まるキャンティ街道をまっすぐ南下してみましょう。

このキャンティ街道はキャンティ・クラシコ・エリアの真中を走っていて、街道沿いにはゴルフ場、レストラン、ホテルなどがぶどう畑の中に混じっています。

フィレンツェを出るとすぐにキャンティ・クラシコのエリアに入り、フィレンツェの隣町であるガヴィナーナの街を過ぎると急に山道に。以前紹介したグレーヴェ・イン・キャンティ、パンツァーノ・イン・キャンティを抜けて、一路ラッダ・イン・キャンティ方面へ進みます。

目的のワイナリーは「カステッロ・ディ・アーマ」。ラッダ・イン・キャンティは小高い丘の上にある小さな街ですが、キャンティ・クラシコの雰囲気を存分に満喫できるところです。街にはワイナリーが出しているエノテカやレストランなどが行儀良く並んでいます。ワイナリー訪問前の腹ごしらえをこの街で済ませるのもいいかもしれませんね。

「カステッロ・ディ・アーマ」は街に入らずそのまま進み、カステッリーナ・イン・キャンティ方面に進みます。街を抜けたすぐの二股を左に坂を下りそのまま道なりに20分ほど進んだところにあります。

 

■カステッロ・ディ・アーマ到着!

ファブリツィオさん 今回ワイナリーを案内してくださったのはファブリツィオさん(写真左)です。いつもの犬の歓迎はありませんでした。

(でもやっぱりいました。見学の途中で出てきました、しかもとっても大きい犬が……)

ワイナリー・カステッロ・ディ・アーマの歴史は、1972年に4つの家族の共同経営によって始まります。1993年に代理管理人を立て、醸造を除くワイナリーの運営を含む全てのことをロレンツァ・セバスティさんに任せます。醸造等の指揮は1982年よりマルコ・パッランティさんが務めています。

 

■ちょっと歴史のお勉強、カステッロ・ディ・アーマについて

文献によると、このカステッロ(城)の歴史は998年にこの集落を要塞化されているので、さらに千年さかのぼらなければなりません。11世紀、アーマ家は当時の文献にひきつけられ、この土地の一部を購入しようとこの地に足を踏み入れたのです。15世紀に城は度重なるフィレンツェとシエナとの戦いのため壊されてしまいます。そして1700年、当時のオーナーであるピアンジャーニ家とリウッチ家が、城の後を住居の形に修復したそうです。その後1972年に、それまでの生活を捨てて他のトスカーナのような生活スタイルとワイン造りを始めました。

彼らの総所有面積は250ヘクタールにものぼり、90ヘクタールが住居やワイナリー施設、オリーヴオイル精製所。ぶどう用の畑は120ヘクタール、オリーヴ用の畑が40ヘクタールとなっています。

畑彼らがワイン造りをはじめて、まず最初に行ったのは畑の研究。80年代には製品になることのなかったカベルネ・ソーヴィニョンも研究の一端で植わっていたそうです(今メルローが植わっているところに植わっていたそうです)。

ぶどうの栽培は一長一短では結果は出ませんが、彼らは自分たちの土地のぶどう「サンジョヴェーゼ」にこだわり、領地の中にサンジョベーセを試行錯誤しながら植えていきました。

その結果、サンジョヴェーゼに向かないとされる畑にメルローやピノ・ネーロを植えたそうです。現在の畑の60ヘクタールにはサンジョヴェーゼ、8ヘクタールが白ぶどう、残りの12ヘクタールにピノ・ネーロとメルローが植えられています。

 

■畑の次はワイナリー内へ

ステンレス・タンク

畑を説明していただいた後、醸造設備を見せていただきました。大きなコンピューターで完全に温度管理されたステンレス・タンクがニョキニョキと立ち並ぶ部屋で、隅に幾分小ぶりなタンクが置かれていました。


コンピューター管理 小ぶりのタンクについて聞いてみると、

・研究のため別にモスト(果汁)を発酵させるもの

・白ワイン用のもの

・ロゼワイン用に先に薄く色づいたものを別に発酵させるためのもの

とのこと。醸造所内はちり一つおちていないほど清潔に管理されています。

さらに先を案内していただきました。そこは小樽が永遠と並んでいると思ってしまうほど沢山ある薄暗い部屋。キャンティのエリアの伝統である大樽の姿が一つも見えないので、「大樽はないのですか?」と聞いてみると、熟成はすべて小樽で行うとのこと。


小樽 「自分たちのキャンティ・クラシコの味わいは大樽ではなく小樽なんだ」との答えでした。

いくつかの部屋を案内していただき、最後に見せてもらったのがオリーヴオイルの精製所。

サテライト・フィレンツェVol.007 でオリーヴオイルについて書きましたが、通常自社でオリーヴオイルの精製を行うと割高になるために、精製はフラントイオと呼ばれる共同の精製所に持ち込むのが普通です。

しかし、ここでは「自分たちの製品は最初から最後まで自分たちで責任を持ちたい」ということで、敷地内に最新式のフラントイオを造ってしまったそうです。決して大きくはありませんが以前取材した抽出機と同じしっかりとしたもの。やっぱり当然のことながら、次回はオリーヴオイルを造っているときにも来て見たいなあと思ってしまいました。

 

■最後はテイスティング。

長い歴史のある建物の試飲室でワインをテイスティングさせていただきました。サンジョヴェーゼというぶどう、キャンティ・クラシコというワイン、そしてこの土地へのこだわりをしっかりと教えていただいた後にテイスティングしたワインが、おいしくないわけがありません。

豪華なカステッロ しかもテイスティングをした建物の中はさすがにカステッロ(城)の名前がつくほどに豪華なもの。見学の最後に、これからのワイナリー・カステッロ・ディ・アーマはと聞くと

「80年代は畑の研究、90年代は畑ごとのぶどうの生育とワインの出来栄えの研究、これからは全ての畑から最高のぶどうだけを使ったスーパー・キャンティ・クラシコを造っていきたいですね」

とのことでした。

彼らのこだわりと情熱をしっかりと感じつつ、ワインのもしっかり楽しめられて何だかちょっと得した気分になれたドライブでした。

 


【2】.ヒロ・サカテの「ミラノの街角から」


■ミラノのワールドカップ事情

例年なら汗ばむような陽気のこの頃、この間までは急な気候の変化でセーターがいるほど寒かったのに、その後気温も一気に急上昇して早くも夏のよう。休日には半袖・半ズボンで出かける人たちも沢山見られるようになりました。

日本でも盛り上がり真っ最中のワールドカップですが、もちろんヨーロッパでも大変な盛り上がりです。面白いのは清涼飲料水を始め、サラミなどの食品まで日本への観戦ツアーキップ・プレゼントのキャンペーンをやっていて、ラジオで盛んにコマーシャルが流れていたのも記憶に新しいところ。それだけでなくコマーシャルに本当によく日本語や韓国語が聞こえてきたり、小ネタにつかわれたりして、それがまた愉快に笑わせてくれるのです。

女の子がコミカルに歌う

「ローマの日本人の女の子♪、スズキの車に乗ったら♪♪、イタリア人の恋人も見つかって♪、トクしちゃったわー♪♪」

なんて、聞いたとたんに吹き出してしまいそうなものから(これはイタリア語で歌っています)、トレヴィの泉に観光にやってきた日本人グループが街が空っぽなのに驚いていると家の中がやかましいのに気づいて、窓から覗くとイタリア人はみんなテレビに釘付けで観戦していて、それを写真に撮る連中にむかって「ちゃんと送ってよー」とイタリアおばちゃん。

こんな風にテレビCMにも登場しました。

観戦といえば、時差の関係でこちらではちょうどお昼ごろに放送されることになりますが、スポンサーになっているとあるデザイン事務所はホームページ上で、「会社にテレビを買って試合中はお仕事をお休みしましょう」というキャンペーンを始めて話題になりました。気になって仕事が手に着かないから、という理由ももっともらしく、もちろん大がかりなジョークだったのですが、なんだか本気で受け取った人もあながちいないでもないかもしれません。

数人の友人はすでに小型テレビを買って準備していたし、店頭によく目に付くところを見ると結構売れているのかもしれません。きっと何らかの理由を付けて外回りに出てしまう人も、結構いるんじゃないかとにらんでいます。

 

■こんなところにも日本の波が

以前ご紹介した、地下鉄モンテナポレオーネ駅前アルマーニ・ビルの中にあるジャパニーズ・レストランNOBUでは、ハッピー・アワーをもうけて連日にぎわっています。ちょっぴり敷居の高いスポットに、カクテル一杯の値段で、しかもお寿司をつまめるとあって、沢山の人がつめかけて、7時頃には一杯になってしまうんだとか。

ジャパニーズ・フリークで日本企業で働くために15年間ものばし続けた髪の毛をばっさり切ったのを面白おかしく語ってくれる友人も、足繁く通っているようですよ。

 


【3】.今月のトピック


■トスカーナ畑情報

トスカーナ畑情報 ヴェネト州、ロンバルディーア州、ピエモンテ州などの北部イタリアではぶどうの状態がとても気になるほどの大雨による洪水の被害。でも、ここトスカーナ州ではぶどうの生育は順調そのものです。

2、3月の初春に降るはずの雨が降らなかったので、「ぶどうの成長サイクルを狂わしてしまうのではないか」という懸念もありましたが、遅霜の被害もなく、4、5月にまとまった雨に恵まれました。例年並もしくは例年以上に良い作柄に恵まれています。

モンタルチーノは特に成長が進んでいてこのまま天候が収穫まで続けば97年並みのヴィンテージになるかもなんていう噂もあるほどです。一方キャンティ・エリアはモンタルチーノほどではありませんが、こちらも現時点では例年並の収穫量、質が見込まれています。

 

■夏のフィレンツェ・オペラ情報

フィレンツェ・オペラ情報 去年はこのコラムでフィレンツェ5月音楽祭についてお知らせしましたが、今年はフィレンツェから7番のバスで登っていく丘の上の街「フィエーゾレ」で行われる屋外円形ローマ劇場でのオペラの日程をご案内しておきましょう。

今年の目玉は2演目、トスカーナ出身の作曲家プッチーニの「トスカ」とイタリアの統一にも作曲で貢献したと言われる作曲家ヴェルディの「リゴレット」の2本。

フィエーゾレという街はエトルリア人がフィレンツェに降りてくる前に住んでいたところで、この人たちが花の咲き乱れるこの場所を英語のFlower(フラワー)にちなんでFlorence(フローレンス)と名付け、丘から花の都に移って行ったと言われています。

オペラの簡単な内容を少しだけご説明します。

「トスカ」は歌と恋に生きる女を中心にした3角関係の悲しい物語、一方「リゴレット」は恋をした女の弱みに付け込む男から、その女を守ろうとする父親が引き起こしてしまう悲劇のお話です。

7月にフィレンツェにおこしになる予定のある方は、こんなフィレンツェの夜の楽しみも予定に入れてみてはいかがですか?

トスカ:7月10、12、16、18、20、23、25日

リゴレット:7月11、13、17、19、24日

インターネットによる予約は http://www.charta.it

 

■キャンティ・クラシコエリアがますます旅行者に開放されます!

キャンティ・クラシコ地域の8つの市町村が、旅行者のために販売促進を行うことにしました。キャンティ・クラシコのエリアにはワインのほかにサラミや生ハムはもちろん、たくさんの自然に溢れています。

この地には、ドイツ、スイス、ノルウェー、フランス、アメリカ、カナダなどの外国から多くの旅行者が訪れ、経済活動の大きなシェアを支えています。今回のこの協力体制は、この経済活動をさらに活性化させようというもので、アグリツーリズモやワイナリーなどが一体となって行われるようになりました。

キャンティ地区に遊びに来る際にはこのような、より楽しみやすくなったキャンティの味わいをぜひとも楽しんでみてください。

 


【4】.ソムリエ教会で勉強すること ―お米編―


今回は日本人に一番親しみの深い食材であるお米がテーマです。日本のお米に対する考え方と一致するところもありますが、調理方法なども合わせて紹介します。

お米は毎年収穫され、世界中の人間を一番養っている穀物です。イタリアではロンバルディア州、ピエモンテ州、ヴェネト州でその多くを生産しています。

イタリアの精米方法も日本とそれほど大きく変わりません。収穫されたモミを掃除をした後、脱穀にかけ精米します。

精米の時点で米の精米の状況をよくチェックして、特に形の良いものはRizo Camolino(リゾ・カモリーノ)にするために、つやだしと亜麻の油で色と香りをつけます。またこのチェックで外れてしまったものは滑石やグルコースの粉を加えてさらに磨き上げます。この粉を入れることによりお米本体のでんぷん質を損なうことなく磨くことができます。こうして出来上がったお米はRiso Brillato(リゾ・ブリッラート)と呼ばれます。

さてお米の栄養素は上に挙げたような精米方法によっても異なりますが、80%がでんぷん質となっています。他のほとんどの栄養素は脱穀、精米の時点で失われてしまいます。ちなみにもみの状態で持っている栄養素はプロテイン、脂肪、リン、カリウム、カルシウム、ナトリウム、ケイ素、鉄分、マグネシウムさらにビタミンも持っていますが、これらのほとんどは精米されるときにほとんどなくなってしまっています。

精米において重要なのは「でんぷんを得る」ということです。お米の持っているカロリーは100グラムに対して360キロカロリーです。

イタリアではもともとこれだけ多くの栄養素を持っている穀物は、できるだけ栄養素を失わずに調理することなども研究されています。この方法のことをRiso Parboiled(パルボイルドゥ:なま茹で法)と言います。

まず、収穫して掃除だけしたモミを使用します。これを水にしばらく浸した後、蒸します。モミが残っていることによって、中の栄養素は全て逃げ出さずに残ります。また、脱穀だけしたお米を使っても通常の方法より栄養素の残り方は違います(但し加熱は20分くらいが限度となっています)。

この方法で用意したお米は色は透明感のある濃い目の黄色で、つぶがはっきりします。また普通のお米でこの方法を行うことをPrecotto(プレコット)とも言います。

さてお米の種類を分けるには、お米の大きさや形、でんぷん質の含有量で分類されます。イタリア国内には大きく分けて2種類のお米があります。1つはイタリア国内で得られるJpaonica(ヤポニカ)と言う系列と、アジアで収穫され輸入されているindica(インディカ)と言う系列です。ヤポニカは形から4種類に、またインディカは2種類に分けられます。

【ヤポニカ】

粒の大きさ

茹で時間(分)

主な調理法

Comune(並)

小丸

12分から13分

ミネストローネ、ケーキなど

Semifine(やや細め)

丸めだがやや細長い

13分から15分

ミネストローネ、ライスコロッケなど

Fino(細め)

長くて大きい

14分から16分

サラダ、付け合せとしてなど

Superfino(極細)

長くてとても細い>

16分から20分

リゾット、サラダ、付け合せとしてなど

【インディカ 】

種類

生産地域

おもな調理法法

Basmati(バズマーティ)

ヒマラヤ、インド、パキスタン

"とても長く透き通り香りに特徴がある"

魚や肉の付け合せに

Patna(パトゥナ)

インド、タイ、アメリカ

小さくて小粒

ピラフ、サラダ

調理法法によってお米も使い分けてみてはいかがでしょうか。イタリアのお米の調理法をお教えします。

【 イギリス式】

5倍くらいの水で10〜20分(お米の種類によって時間は変わります)ゆでます。

 

【リゾット式】

油やバターでいためたお米に溶いたブロードを足していき、ちょうど良い硬さになるまで煮ていきます。

 

【蒸し式】

1時間ほど水につけたお米を蒸します。

 

【ピラフ】

いためた米に約2倍の水分(ブロードなどが溶かされていても良し)を加えて、180度で約18分ほどオーブンで火を通します。魚や肉料理の付け合せとして最高です。

さてお米の保存方法ですが、米を食い荒らす寄生虫に注意し、またあまりお米どうしが削りあったり傷つけあったりしないように注意します。

風通しが良くて涼しくて乾燥しているところに、虫が入らないような容器に入れて地面には直接おかずに保存しましょう。イタリアでは真空パックになったお米を見ます。これらのことを知ってみると真空パックはお米同士が削りあわないし虫も入らないので、保管にはもってこいですね(最初見たときにはちょっとビックリしましたけど)。

日本はこれらのことは伝統として知っていることですね。

お米の料理といえばリゾットです。先にも書きましたがピエモンテ州もお米の有名なところ。そこで、今回はピエモンテのノヴァラ風パニッシャ(インゲン豆の入ったこの地方のリゾット)に合わせてみましょう。

使う食材はお米に人参、ズッキーニ、インゲン豆などです。リゾットの作り方にそってお米をいためて、ブロード(ブイヨン)を入れていくお料理です。

ですからいつもの表にあわせていくと、ほとんど均等な三角形になりそうですが、ブロード、野菜、お米があるので食材の甘味が強くなります。

そうすると酸味がややあり、渋み、アルコールも感じられるワインが良さそうです。同じピエモンテ州のドルチェット・ダルバなんていかがでしょうか。

前回、今回と2回に分けて穀物のお話をしてきました。次回からは少し地方の伝統料理についてご紹介していきたいと思います。お楽しみに。

 


【あとがき】

ヒロ・サカテさんのコラムにもありましたように、ワールドカップが始まりました。ついさっき(6月8日)イタリア対クロアチア戦がありました。なんと結果は優勝候補のイタリアが1対2で負けてしまいました。なんとも残念です……。

でもまだ予選リーグ、明日は日本対ロシア戦です。気持ちを入れ替えて応援しますよ!!

バジリコくん 2002年版バジリコ・ニュースです。イーエクス・ワインのファースト・アニヴァーサリーからイタリアに戻ってみると、バジリコの芽が一つだけひょっこり出ていました。冬に全滅したと思っていた、勘違い君の兄弟が勘違いせずに芽を出したようです。

また他の鉢にはやはり去年出来た種から芽を出したしそ達が元気一杯に増えていました。今年のバジリコニュースもお楽しみに!

(本当に楽しみにしている人はいるのだろうか……)

送料無料
会員だけの特典いっぱい!

▼マイページログインはこちら▼

メールアドレス(会員ID)
パスワード※お忘れの方はこちら
会員特典
送料について
お支払い方法
保管方法
注文の仕方
メールマガジンご登録はこちら
検索

地域

タイプ

Vt

価格範囲

キーワード

ギフト特集
ルロワ
マルセル・ダイス
ドメーヌ・ルフレーヴ
オレンジワイン
デイリーワインセット
飲み頃ワイン
シャブリ
ヴォーヌロマネ

イーエックス・ワインについて

当サイト(ワイン・ショップ、イーエックス)は、バーガンディ株式会社が運営するオンラインショッピングサイトです。

会社概要
通信販売法に基づく表示

バーガンディ株式会社
〒135-0034
東京都江東区永代2-8-6
TEL:03-5875-8852
FAX:03-3643-6987

お問い合わせフォーム

個人情報の取扱について

当サイト(ワイン・ショップ、イーエックス)では、お客様に安心してお買い物を楽しんでいただけるよう、お客様の個人情報の取扱に細心の注意を払っております。

個人情報保護方針
個人情報保護の取り組み

お支払い方法について

以下よりお選びいただけます。

代金引換払い
クレジットカード払い
お支払い方法について
後払い(コンビニ)
コンビニ払い(先払い)
銀行振り込み(先払い)
お支払い方法について

セキュリティについて

個人情報の保護のため、万全のセキュリティ体制を整えております。セキュリティへの取り組みをご理解いただき、安全にインターネットショッピングをお楽しみください。

お届け時間について

お届け時間指定を下記よりお選びいただけます。時間指定をご希望の方はご利用ください。

お届けについて

「代金引換払い(代引き)」「後払い」を除き、ご決済(ご入金)確認後の発送とさせていただいております。予めご了承下さいませ。

送料について
facebook

カスタマーサポートお問い合わせ会社概要サイトマップ

Copyright(C)eX-WINE.All Rights Reserved.